ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

これまで進んだ行政改革

規制改革の推進に関する第1次答申

平成13年12月18日

閣議において答申を最大限尊重することを決定
総合規制改革会議の答申は「生活者・消費者本位の経済社会システム構築」と「経済の活性化」の実現に向けたものです。これを受け政府は3月中に「規制緩和3か年計画」を策定します。党としては、構造改革・景気回復、近年の社会情勢の対応を考慮しつつ、各分野における具体的措置について検討を続けてまいります。

資料

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ